夏のバカンスは何処へ。

オリンピック・パラリンピックもついに開幕しましたね!

海老蔵さんの歌舞伎×上原ひろみさんのJAZZピアノは圧巻でした。鳥肌がたちました!!

聖火も感動的でした。

アンカーの大坂なおみさんも印象的でしたが、長嶋監督の姿にも… 野球に疎い私も長嶋監督は小さい頃から知っています!

我が家は、父が熱烈な阪神ファン×巨人ファンの母なのですが…昔の記憶がよみがえりました。

聖火を受け渡した瞬間の、監督の嬉しそうな表情に胸が熱くなりました!

17日間、精一杯アスリートの方々を応援したいです。

連休の間は来月スタートするプロジェクトの準備や土地売却の案件等があったので周辺環境を調べたり

(横浜市の一部、地価が上昇していてびっくり!!) 過ごしていました。

また、保養地からホテルへ仕様変更の「リノベーション」のご依頼もあり、手描きデッサンに4日間を費やしました。

目前に海が広がり、最高のロケーションに最高のホテルを計画中です。

こちらは、芸能人や有名人の方がお忍びで遊びに来られていたスペースでしたが、

今回リノベーションしホテル計画を進めています♪

4日間、徒歩5分圏内しか移動もせず過ごしていたのですが、

久しぶりの友人に連絡してみると、秋谷の貸別荘でのんびりワインを飲んでいる、と。

なんと羨ましい!調べてみると、秋谷・立石海岸。都内から1時間半くらい、

葉山の方なんですね。

めちゃくちゃ良さそうじゃないですか。わたしも行きたい〜(笑)

ウニが大量にいて磯を荒らしまくっていたそうです。海藻を食べまくって生態系が狂ってきているって?

海の世界もたいへんですね…

ウニのパスタ食べたいです。昔、イタリアのシチリア島で食べたウニのパスタ美味しかったな〜

(Riccio di mareですね!)

フランス人のバカンス事情

フランスの友人たちも、皆バカンスモードです。

スイスの国境近くでバカンスの友人が連絡をくれたのですが、穏やかなバカンスを満喫中とのこと!

パリ郊外とスイス国境近くのモンターニュに自宅があり、写真を送ってくれました。

お祖父さん、お父さんが建築家で、なんと1780年築!!!木造がそんなに持つことにびっくりです。

(まあ、日本のお寺も100年以上は持つと言われていますが、やっぱり建築に奥の深さを感じます。)

庭では、ハーブやお花を育てているそうです。

フランス人は、パリ市内/郊外が拠点でも田舎に別荘があり週末になれば家族や友人と移動することが

ほとんどです。日本では少数かもしれませんが、フランスではほとんどのご家庭がおうちは2つ(以上は)あると思います。

それ以外に、大型バカンスでは国境をまたいでイタリアやギリシャ、スペインなどで過ごすことがほとんどです。

そんなフランス人たち、昨年のロックダウンは本当にきつかったと思います。(それ以上に、現在は衛生パスポートがかなり問題になり、パリは大変なことになっているようです!!)

当面は予定はないですが、わたしもいつになればヨーロッパに行けるのか…と考えます。

幸い、コロナ禍、ヨーロッパとの取引もありませんでした。(もしあった場合はクライアントに迷惑をかけてしまいます。)

まだまだ、コロナ禍の問題は続くと思われますが、

平和な世界(子供たちの教育/ 暴動が起きない/ 平等/ and more..)が早く戻ることを祈ります。

そういえば、フランスは「自由・平等・博愛」でしたね!そんな理念は置き去りにされ、いまフランスから「自由」が無くなるなど

パリでは暴動やデモ、などの集団が日々絶えないそうです。

コロナ直前、フランスへ留学や修行を考えていらっしゃった若者も多くいたのではないか、と想像します。

自分もそうであったように、

夢を追う若い子たちがまた挑戦できる日々が早く戻ることを祈ります!「学び」が停まりませんように。

さいごに、ジュネーブから50㎞近くの友人の自宅。

 

 

 

 

 

関連記事

  1. Firenze
  2. Comer-jaco
PAGE TOP