アートのある生活

週末は暖かかったですね!

インテリア・家具ブランドのウェブサイト、「aina Co.」で販売スタートするjacobollbieのアートが到着しました。
(aina Co.は現在サイト制作中です)

 

el artista jacobollbie

jacobollbieは、世界を廻ってアート活動を続けるアーティスト。

彼は、ギリシャのミコノス島、スペインバルセロナ、マヨルカ島、サンタフェ、メキシコシティなど、南米からアジア、ヨーロッパで個展を開催しながら、一定の期間、その国に滞在して作品を制作しています。

そのため題材はいつもフレッシュ。どの作品にも、彼の愛情が満ち溢れています。

アーティストが個展を開くには、本人が非常に著名であればギャラリーから声をかけてもらえますが、そうでない場合はアーティスト自ら営業をしてギャラリーに気に入ってもらうしかありません。

Jacobollbieは滞在しながら作品を制作しギャラリーを廻り、個展を開催してきました。なんと、ニューヨークでは200軒ちかくギャラリーを廻ったそうです。ギリシャの島、ミコノス島では彼の熱烈なファンのダンディなお客さまもいるみたい。

実はわたしが所有している、Toroの絵があるのですが、私と同じアートを所有している人が、世界にもう一人います(!)

Toro

Toroはスペイン語で「雄牛」。
「La corrida de toros」は闘牛ですね。18世紀から続くスペインの伝統的な国技「闘牛」。

スペインのマヨルカ島で描き上げたToroは、ニューヨークでの個展のために制作されたもの。けれど、マヨルカ島のギャラリーのオーナーが気に入って購入してしまったそうです!そこでニューヨークでの個展のために急遽もう一枚描き上げたのが、わたしの所有している絵なのです!運よく、アメリカ人ではなくわたしの元にきました♪

 

アートが日常に溶け込む街バルセロナ

Jaco1
念願のバルセロナでの個展は、当時スペインに住んでいた私も参加しました。グラナダに住んでいたので、1時間半ほどのフライトでバルセロナに到着です。初日のレセプションは、バルセロナのテレビ局が入り、とてもにぎやかでした。ギャラリーは、オーナーマダムが界隈で有名だった影響か、スペイン人も日本人も混ざり合い、人種を超えて、その反響は驚くほどのものでした!!
Jaco3
あの密状態が今では懐かしい……。

ヨーロッパの個展のレセプションでは、みんながワイン片手に、知らない人同士でもすぐに打ち解け合い語り出します。アートを語り出すと止まらないスペイン人たち。その時は盛り上がりがどんどん過熱し、別の知らない日本人アーティストの方のレセプションのはしごにまで発展!初対面の人もみんな仲良くなりました。大勢でメトロの終電に乗ったのも、今思えば懐かしい思い出です!

アートが日常生活の中に、「当たり前のように」存在するバルセロナ。

街中に活気があふれ、日本人のアーティストも居住し、あちこちで活躍されています。人種を超えてその才能を認め合うことが特別なことではない、というのが、とても羨ましく思えました。

アートには、その土地の空気や風、光や香りが詰まっています。そしてそれは、どんな国で触れたとしても、人々の五感を刺激してくれます。

 

アートと繋がる新しい生活様式

「ステイホーム」

突然、自粛の中に放り込まれた私たち。
生身の人間との触れ合いを我慢しなければいけなくなった私たち。

これまで、私たち多忙な人間たちにとって「家」とは「帰る場所」でありながらも、「通過地点」でもあったのではないでしょうか。

朝仕事に出かけて、夜、家に帰り、寝て休んでまた朝には仕事に出ていく……。
目まぐるしく生活する現在の私たちにとって、いつしか家は、仕事と仕事の合間にちょっと立ち寄る場所、になってしまってはいなかったか…。

でも、通り過ぎるだけだった「家」で長い時間を過ごすようになり、私たちは「生活する場所」としてもう一度、改めて「家」と向き合うことが増えた気がします。

アートを生活に取り入れたり、ダイニングテーブルにお花を飾ったり。インテリアを変えたり、お菓子づくりはじめたり。
一人きりの生活を楽しく彩るために。家族と過ごす時間をもっと優しいものにするために。家のなかの「居心地の良さ」や「機能性」を、これまで以上に考えるようになった人は少なくないはずです。

ステイホームは、私たちのライフスタイルを見直すいい機会を与えてくれたのかもしれません。私たちが過ごす「家」に、私たちが本来何を求めていたのか。自粛生活は、はからずもそれに気づかせてくれました。

アートは、それに触れる方と作家の心がつながるツールです。アートを生活に加えれば、人はひとりぼっちではなくなります。心が強くなります。ちいさなワークスペースでも、ふと目に入ったときほっとする、癒しになる。

自分の小さな空間は「じぶんのためのアート」になります。

 

インテリアサイト「aina Co.」

Jaco2

新しくオープンするインテリアサイト、「aina Co.」では

jacobollbieが、2020年11月から一定期間ペンデッサンで描き下ろした作品をキャンバスにおこし、ワークスペースや玄関にも飾れそうなちいさなアートをご用意しました。

Jacobollbieの不思議な世界観に触れたい方はぜひ♪

それぞれのアートには、タロットの数字メッセージが記されています。

また、電子書籍の出版にあたり、書籍に合わせて販売をスタートします。

 

jacobollbieのアートは、その土地の空気や風、香りが詰まったアート

みなさんの五感を心地よく刺激してくれるでしょう。

私たちデザイナーや建築家も、アートにインスピレーションをもらいます。

外国になかなか行けない今だからこそ、アートによって外国に行った気分になる、というのもありではないでしょうか。

 

実は私も…。次の仕事にインスピレーションが欲しくて、1月に作品をオーダーしました。

カリブ海の楽園、コスメル島で描き上げた小さいキャンバスの油絵(oil canvas)、

パワーアップできるレッドとゴールドの組み合わせと絶妙なテクスチャーが気に入りました。ゴールドの絵を眺めているとお金持ちになった気分にもなれそうですね(笑)。

現地の砂を作品に混ぜて時間をかけて乾かし、数回に分けて絶妙なテクスチャーを作っていくらしいです。

既に個展で売れたアート「Comer」ですが、サイズもリクエストし、オーダーで描いてくれることになりました。ちなみに……「Comer」はスペイン語で「食べる」(!)です。

仕上がりは3月!とっても楽しみです。

 

届いたら、ワインを飲みながらアートな空間を楽しみたいと思います。

また、スペインに行ける日を想像して。

関連記事

PAGE TOP