Atrium House

建設地 熊本県
構 造 木造

竣工 2018 春

2016年熊本地震災害の復興建て替えよる個人住宅 K邸

建物は倒壊、
今後の近隣の川の氾濫も考慮し、地盤改良と擁壁の設置からスタート。
地盤改良も復興の補助事業となるよう、市に交渉した。

次なる地震に備え、十分な地盤作りと本来の台風対策を考慮した建物の設計。
ご両親と一緒に住まわれる為の二世帯住宅に対するご提案、

皆が集うダイニングは広々とした吹き抜けを持ち、ダイニングからそのまま外に出れるデッキでは広い庭を持ち、四季を感じることができる空間を設計。
南側の吹き抜け部分には、電動式外付けブラインドを取り入れ、直射日光を緩和する為と台風時の飛散物からの保護を考えた。

PAGE TOP