建築家との家づくり

「女ひとり、家を建てる ツレヅレハナコ」

本屋でふと目に飛び込んできた鮮やかなタイトルの本「女ひとり、家を建てる ツレヅレハナコ」

「住む家」を購入しようと決意したハナコさん、初めは中古マンション探しから始まり、あるきっかけで家を建てよう!と決意されます。著書の中で「建築家と家をつくる」体験が鮮やかに書かれていました。

ハウスメーカーが作った家を「買う」のではなく、建築家と家を「つくる」経験。その過程の楽しさは、この世にこれほど楽しいことがあったのか!と経験したことのない驚きや喜びだったそう!

ハウスメーカーでも施主の要望に合わせて一から間取りを考え、細部まで作り上げていくことはできるが、あらかじめ用意されたパッケージの流れに乗っていくことになり、最大公約数的な選択から外れる要望だとうまく処理できず、

「設計上不可能」

「予算がかかりすぎ」

などの理由で実現できないことが増える傾向に。
 (設計担当坪谷さんの文章抜粋)

一方、建築家に依頼される場合、設計士は施主と施工会社の間に入る施主側の人間。当然、業者の見積もりチェックからコスト面管理、トータルでコストを抑える提案も出来ます。建築家が施主(オーナー) に寄り添い2人3脚で家づくりを進めることは、設計事務所でしか出来ない、唯一無二なことだと思います。

理想の家づくり

ツレヅレハナコさんのご著書は、家づくりに奮闘された日々が鮮やかに軽いタッチで書かれておりワクワクしながら読め進めれました。

その中には初めての土地の購入・契約から始まり、家づくりの理想と法律の壁…
など、さまざまな体験が書かれています。

本の中でじぶんが主役に感じるような内容、ぜひ多くの方に少しでも「家づくり」を知ってもらえたらな… とおもいました。

建築家は常に施主側サイドに立つ総合プロデューサーの立場になります。
施主の気持ちや理想を整理し、共有し具現化すること。
一人でも多くの人が理想の家づくりの参考になれば!と思います。

関連記事

  1. 住まい

最近の記事

  1. 2021.01.13

    新年のご挨拶
  2. 2020.12.27

    Live of Chen Min
  3. 2020.12.16

    無垢の芸術
PAGE TOP