理想の土地探し 家づくり(土地探し編)

9月も終盤ですね!あっという間の月日です。祝日20日は土地の視察で山梨に行ってきました。河口湖は都内から1時間半ほどでさっと往復できる感覚ですが、今回は河口湖→甲府にも行ってきたのですごくタイトなスケジュール!翌日が平日なので、帰りは遅くならないよう食事もせず温泉も入らず6時前に高速に乗ったのですが、、、

まさかの速攻大渋滞!!

下道走るわけにも行かないですし… 終わりの見えない渋滞。何とか談合坂SAまで2時間くらい。ラーメンを食べ「さて、ここからは順調に!」と思う期待は裏切られ、夜中の12時半に東京に無事到着。

長い道のりだった、、恐るべし中央自動車道です。6時間だと神戸から東京に帰ってこれる!よく考えれば連休だったんですね!皆さん、温泉?ご旅行??( ;  ; )でも、この日はご飯を食べて9時頃に出発していたらそのまま後ろ倒しになっていたと思います。

次回は、ワイナリー巡りと温泉でリベンジしたいです!

土地の視察

うちの事務所は通常、比較的大きな案件の商業やリゾート、規模の大きい開発の土地案件が通常は多いです。各地に地主さんとの繋がりもあるので、事業を検討中の方、出資したい方をお繋ぎしたりすることもあります。

今回は、個人住宅と別荘の土地の視察でした。リフレッシュがてら山梨へ!建築家(設計者)が土地を見れば、当然専門家ですので瞬時にアドバイスさせていただくことができるのです。毎回、現場に下見で出向くわけではないですよ。(住所と資料で、ある程度の土地購入におけるアドバイスはさせていただいております。)

建物を建てる際、その土地に何でも好きなものを建てて良いわけではないんですね。建物プランを入れるにあたり、色んな角度から法規や条例と照らし合わせます。注文住宅を建てたいとお考えの方は「土地探し」からスタート、この土地探し がなかなか苦労します。想い描いた土地と巡り合えるなんて、最高の伴侶と巡り合うより難しい!どこかで妥協しなければいけない。「何を優先順位に持ってくるか」が大事で何かを諦めるのではなく、視点を変えて新しく取り入れる! ことが大切なポイントかな と思います。そして、たくさん出向いて見ることが大切です。

今日はちょっと思い出したのでわたしの友人の土地探しの話を書いてみたいと思います。地目は宅地、整形地を前提に書きます。(要するに山林などではなく、建物を建てるための土地。そして整形地とは、長方形や正方形の形が整った土地のことを言います。)

2年ほど前の話です。理想の土地に出逢うまで6年かけた友人の話。(都立大徒歩3分の好立地、100平米の素敵なマンションに会社負担半分以上で優雅にお住まいだったので、不自由もなくのんびり探されていたのかも^^)

そんな彼女の条件が、

⭐︎東横沿線(目黒区)  ⭐︎南側ひな壇 ⭐︎30坪以上 の土地(!)

不動産会社が毎回持ってくる情報は全く条件が伴っておらず、見もしなかったと言ってました(笑)たった3つの条件なのに(いや、これは見つからないだろう…) 彼女の理想に見合うものはなかなか現れなかったそう!
都内、特に彼女が検討していた目黒区の場合、30坪以上の土地に出逢えるのはなかなか難しいんです。相続や売りに出された土地を業者が仕入れた場合、以前にもすこし書いたことがあるのですが、業者が区画割りし小さくし販売にかけるので、なかなか30坪〜40坪以上の更地の土地に出逢えることは難しいです。当然、区画割して販売した方が業者は儲かるんです。建売業者が仕入れた場合、都内の場合は土地代が高いので土地建物の総額が割に合わないんですね。

結局、6年越しに彼女が選んだ「幸運な土地」は、目黒区(東横線ではなく、沿線が変わりました) の敷地面積50坪近く!!なんと当時最優先だった東横線からは、外れたそう。でも色んなことを考慮した上で今の場所がとても良かった、とのこと◎

この話を聞いた時は、すでに建築を始める頃だったので後から聞いた話にはなるのですが… (わたしは何も力添えできず…)この後、彼女は「建築」でも苦戦することになったのです。

彼女とは、稽古事のつながりで知り合ったご縁。2人ともワインが大好き、ということで気が合い「ぜひ一緒に!」と初めてのディナーの待ち合わせの日。約束のレストランにわたしより一足早く着いて先にスパークリングを飲んでいる。(←真夏日でのどが渇いていたらしい!) 例の都立大の素敵なマンションに住んでいた当時、上階に住んでいらっしゃった素敵なお医者様ご夫婦(ご年配の方だったそう) の家にはじめてお呼ばれした日は、初訪問で深夜まで一緒にワインを飲んでいるなかなかの強者(笑)

家づくりにおける「土地探し」

そんな彼女の話はさておき… 土地探しをする上で大切なアドバイス。「自分の生活の景色に合う場所選びを考えること」。自身の年齢にもよりますが、お子さんがいらっしゃって小さいうちは公園や環境を優先、大きくなれば教育環境を優先、ライフスタイルは常に変わっていく可能性はあっても10年後、20年後も加味した上での土地選びが大切だとわたしは思います。

そして彼女のように優先順位を3つくらいに絞って探すと近道なのかな、とも思います。その内の一つが外れたとしても、また新しい発見がきっとあるかもしれない…

これらは「建築」におけるソフトな面でハード面から考えるとまだまだあります。建築的な法規の部分や条例、それによって(施主が)想像していたものが建たない、ということはよくあります。実現していくのが設計者の仕事でもあるわけなのですが… 。整形地でも、区画割り(3区画、5区画など)されている場合、1種低層地域で風致地区などであれば、30坪でも間口がずいぶん狭くなり、縦長の家になってしまいます。(隣地境界線から1m開けなければいけない、などの決まりです。これは地域によって若干変わります) また、場所によっても変わるでしょう。都内23区であれば、整形地30坪だと大きい家が建つでしょうし、山梨だと中心部の甲府でも需要は少ないでしょう。駐車スペース3台ほど必要とするご家庭が多いので、50~70坪の土地が需要とされています。

家づくりを考える際、ついつい理想ばかり追いかけてしまいそうですが、土地の条件によって建てられる条件も変わってくる可能性もあるので、先ずは立地や生活のスタイルから土地探しを考えると良いかもしれません。その上で、「暮らしに合う家づくり」光や風、緑、自然を感じることのできる家づくりが出来ると理想ですね。「良い土地に巡り会うこと」と「良い設計者」にお願いすること、この2つは同じくらいとても大切です。

建築に於けるハード面、そして「目黒区の彼女のその後(建築編)」も機会があれば書いてみたいと思います。

 

 

関連記事

PAGE TOP